TOPページ > 可動式SSデスク・チェアのおすすめポイント

身長に合わせた高さ調節が可能です。
作業が楽な外側調節

高さの調節はフレームの外側から行なえるため無理な姿勢をとる必要がありません。フレームはシンプルな構造で作業がスムーズに行なえます。


学校の教室には、SSデスク・チェアがあればOKです。
可動式のSSデスク・チェアは机イス共に可動範囲が広がり、小学校から中学校、高校まで、ずっと使うことが出来る商品です。机は30ミリ。イスは20ミリ間隔で調整が出来るので、6号から2号までだけではなく中間号数でもセットでき、児童・生徒の体格に最も適切な高さに合わせることが可能です。

物入れ

収納容量が大変大きく、道具箱を使用する場合でも出し入れしやすい高さのある物入れです。

高さ調節ボルト&ナット

毎日安心してお使いいただくために、袋状ナットをフレームに溶接し、衣服の引っ掛けやナットの紛失を防止。ボルトの緩みを軽減する座金を組込んだ特別なボルトを自社にて生産しています。

折り曲げ加工

側板端部は強度と安全性をより高めるために、折り曲げ加工を施しています。

側板〈刻印〉

JIS規格に準じた号数表記と高さ調節ボルトをまわす向きを刻印しています。

フック

鞄を掛けやすい大きさ、安全性に配慮した丸みと二重形状で毎日の使いやすさにこだわったフックです。

商品ラベル

体格に合った高さに調整しやすいように身長の目安を表示しています。

脚キャップ

ネジを使用しなくてもキャップが外れにくいボス圧入方式を採用しています。

高さ調節ボルト&ナット

毎日安心してお使いいただくために、袋状ナットをフレームに溶接し、衣服の引っ掛けやナットの紛失を防止。ボルトの緩みを軽減する座金を組込んだ特別なボルトを自社にて生産しています。

折り曲げ加工

側板端部は強度と安全性をより高めるために、折り曲げ加工を施しています。

側板〈刻印〉

JIS規格に準じた号数表記と高さ調節ボルトをまわす向きを刻印しています。

脚キャップ

ネジを使用しなくてもキャップが外れにくいボス圧入方式を採用しています。


粉体塗装の特長

従来、大勢を占めていました溶剤型塗料は塗膜となる成分を有機溶剤中に配合しているという特性から、工程内で揮発性有機化合物が発生し、常に大気汚染や悪臭、中毒の危険がありました。この程新たに導入した塗装設備は、塗装工程で揮発する有機溶剤を含まない粉体塗料を使用する、最も環境に配慮した塗装方法です。



ページトップへ