TOPページ > 新着情報

アスベストに関する注意事項

お客様各位

第一工業株式会社

家具事業部

 

弊社が過去に販売しておりました実験台甲板の一部に、アスベスト含有素材を利用しておりましたことから、その内容と対応方法について以下にまとめさせていただきました。

記載内容をご確認のうえ、適切にご対応いただきます様、お願い申し上げます。

 

■使用上の注意について

弊社製品に使用されているアスベストは、結合剤で繊維が固定されており、表面処理も施されていますので、通常使用状態においては問題ありません。

表面が剥がれたり、傷がついたりして基材部分が露出した場合でも、アスベストが飛散することはほとんどないと考えられます。

使用甲板破損時の対応について

表面が剥がれたり、傷がついたりして基材部分が露出した場合は、新しい素材への交換をお勧め致します。

弊社アスベスト製品廃棄時の注意事項

弊社アスベスト(石綿)使用製品は「飛散性アスベスト廃棄物」や「非飛散性アスベスト廃棄物」に該当しませんので、通常の産業廃棄物として処理が可能です。

産業廃棄物業者に廃棄を委託する場合は、アスベストが使用されている事を伝えてください。

建築解体工事に伴って撤去され廃棄物となる場合、「非飛散性アスベスト廃棄物」に該当するため「非飛散性アスベスト廃棄物の取扱いに関する技術指針」に従って処理する必要がありますので、ご注意ください。建築解体工事がともなわなければ「非飛散性アスベスト廃棄物」に該当しません。

尚、各自治体の指示がある場合には、その内容に従ってください。

■現在の実験台甲板について

現在販売している全ての甲板につきましては、ノンアスベスト素材を使用しております。




ページトップへ